HOME>News & Topics>スポーツフェスタを終えて
News & Topics お知らせ

2014.05.26

スポーツフェスタを終えて

5/17(土)に開催しましたスポーツフェスタの詳細をお届けします。

やや北西の風はありましたが晴天の下、スポーツフェスタを開催しました。
スポーツフェスタは6団の対抗戦で毎年この時期に行い、今年度で第6回目となりました。

生徒たちは現所属ハウス、あるいは前所属ハウスの団員になります。
A団青、B団緑、C団桃、D団橙、E団赤、F団紫を団色とし、各団自分たちでデザインした団色Tシャツを着て競技に出場します。

 

●開会式
各団ごとに入場行進。いよいよスポーツフェスタが始まるという緊張感の中、昨年度の実行委員長が正々堂々と闘うことを宣誓しました。

開会式

●学年別100m走
各団・各学年の代表者が競う100m走。
100m走2100m走1

 

●チームジャンプ
2年生の大縄跳び競技。縄を回すのは6年生。呼吸を合わせ、声をかけ合って連続で跳んだ回数を競います。
チームジャンプ 


●綱引き
1年生種目。今年度は接戦が多く、2分以上引き合った対戦もありました。
綱引き 

 

●HMを運べ!
ハウスマスター(HM)とともにゴールを目指す多種リレー競技。スタートのムカデ競争は事前練習こそが物をいいます。
HMを運べ

 

●騎馬戦
4年生・5年生競技。海陽スポーツフェスタの醍醐味のひとつ。騎手の帽子を取り合い、大将騎の帽子が取られるまで続きます。黒シャツを着た騎手が大将です。
騎馬戦

 

●前期リレー
1年生から3年生まで、各団2名ずつでチームを編成。各団の俊足が選抜されて出場します。団席からの応援にも力が入ります。
前期リレー

 

●応援合戦
スポーツフェスタの成功を祈り、盛り上げるために各団が約3分の応援を行います。男ばかり、声と太鼓だけの硬派な応援合戦。
応援

 

●20人21脚
2年生・5年生種目。体格差のある2年生と5年生でチームを組む多脚競争。ひとりがリズムを崩せばチームは崩壊する、失敗の許されない競技です。
20人21客

 

●並駕斉駆(へいがせいく)
これが最後の大きなイベントとなる6年生の種目。走者は台となる人間の背中の上を走ってゴールを目指します。走者が通過した台の人間は、次の台となるべく先回りします。上の人間も下の人間も気の抜けない瞬発力勝負の競技です。
へいがせいく

 

●棒引き
3年生種目。9本の竹を奪い合う竹取り合戦で、力のこもった引き合いが続きます。
棒引き

 

●後期リレー
4年生から6年生の選手によるスウェーデンリレー。後半走者は300m、400m。今年も抜きつ抜かれつのドラマがありました。
後期リレー


●A~J団対抗台風の目(1・2年)
今年度から始まった、1年生・2年生によるハウス対抗競技です。1年生・2年生はA~Jハウスに所属しているため、この競技だけは団別ではなくハウス別にチームを作り、競います。5人で竹のバトンを離さずにゴールを目指します。台風の目

 

総合優勝は、昨年に続き紫のF団でした。
F優勝


1年生から6年生までが同じ目標に向かって力を合わせ、ともに泣いてともに笑う。中等教育学校・全寮制の海陽学園ならではのスポーツフェスタです。 

運営も生徒自身で行います。今年度から競技の準備はもちろん、競技の審判まで生徒自身で行おうと取り組みました。生徒のための生徒による行事運営を目指しています。
実行委員

スポーツフェスタの準備は、実行委員により昨年の10月から進められてきました。華やかな競技、盛り上がるスポーツフェスタを支える原動力になりました。
実行委員2

反省点は今後の行事、また来年度のスポーツフェスタに活かしていきます。
当日は多くの方が学園まで足を運んでくださり、ご声援くださいました。

ありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

pagetop