HOME>News & Topics>【3年生】キャリア講座「世の中にある仕事を知ろう」を開催しました
News & Topics お知らせ

2014.10.24

【3年生】キャリア講座「世の中にある仕事を知ろう」を開催しました

10月20日(月)、9期フロアマスター(FM)有志

後期課程に進級する前の3年生全員に対して

今後の進路、そしてキャリアに関する意識を高めてもらうために

「世の中にある仕事を知ろう」というキャリア講座を開催しました。 

【稲辺FM】東芝 【二宮FM】日立

【掛川FM】みずほFG 【松島FM】トヨタ②

当日は9名のFMが「会社組織の構成」、「自身の出向元企業の特徴」、

「これまでのキャリアパス」、「自身の文理選択時の経験」、

「社会で活躍するために今やるべきこと」というプレゼンを実施しました。

【岩永FM】トヨタ① 【岩本FM】東京海上日動 【斎藤FM】パナソニック

社会人として自分が経験したことを振り返り、中学・高校生のうちに

何をどのように努力すればよいのかを、分かりやすく、熱心に

語りかけてくれるFMの話に、生徒たちは必死にメモをとっていました。

 

以下、生徒の感想の一部抜粋です。

  

「進路がなかなか決まらず、どうすればいいのか悩んでいますが

同じように悩んでいたFMがどのようにして今の会社を選んだのか

今後僕たちがどのようにしていればいいのかを教えてもらえて、

参考になりました。」

 

「私が今日最も感銘を受けたのは、今は苦手な友達とは積極的に

かかわらなくても良いやというのが通じても、社会では通じないということだ。

社会に出る前の『練習期間』である今のうちに変わらなければいけない。」

 

好奇心を持ち、自分の足や耳を使って自ら動くことが大事だと学んだ。

そうすれば、新しい発見にたくさん出会えるし知識が増えるからです。

その他にも自分のやりたいことを明確にし、FMが言っていたように

夢を叶えるためのロードマップを書くことも大切だと思います。

なのでこれからはたくさんのことに好奇心を持ち、

やりたいことを記して、やりきるまでやっていきたいです。」

  

社会の中で好かれる、信頼される人のタイプが良くわかりました。

自分を振り返ってみて、今の自分は甘いなと思いました。

しかし、今日何をすべきかを学んだので、それらを参考にし、

人に好かれ、信頼を得て、自分の好きなことをやっていきたいです。

そのためにも、日常生活から当たり前のことをきちんと

やっていくことが大事だと分かりました。」

 

「目標を設定しなければならない、ということはわかっていても、

なぜ目標を立てなければいけないのかは、分からずにいました。

しかし、中間テストなどで目標を立てるのは、将来自分が

社会に出たときの『目標設定力』という大切な能力に

直結するということが理解できました。

また、今、将来の目標を設定することは未来の自分の生活に

直結してくるということを学べました。」

 

【小林FM】会社組織概要  【飯島FM】第一生命 

 

「自分自身、将来会社に就職するかはまだ決めていませんが

FMが特に強調していた『信頼の大切さ』については参考になりました。

人に話したことをキチンと実現することの重要さを改めて考えました。」

 

なぜ勉強をするかということも参考になりました。

数学の公式を覚えていても将来使わないと不満に思っていました。

しかし、その考えるというプロセスが大切だということを

知ることができてよかったです。」

   

仕事にはいろんな種類があり、いろんな人のために

存在しているのだと実感しました。僕は、今日の講座で話していた

FM全員が活き活きとしていて自分の特技を生かしていたことが

よく分かりました。」

 

「社会人になると、失敗が命取りになることもあるので

社会人になったときにその失敗の数が少しでも減っているように、

学生時代はたくさん失敗して将来のために活かしたいです。

そして大切なことは、他人を巻き込み目標をかかげて

必ず達成する『有言実行力』だと学びました。」

 

質問への回答① 質問への回答② 質問への回答③ 質問への回答④

(プレゼン終了後、多くの質問に熱心に答えるFMたち) 

 

今後とも日々の指導に加えて、FMが生徒のキャリア意識醸成に

更に注力してくれるものと確信できる非常によい企画でした。

pagetop