HOME>News & Topics>CoREF・ジグソー学習の体験授業
News & Topics お知らせ

2016.07.11

CoREF・ジグソー学習の体験授業

7/9(土)に、

東大CoREF(大学発教育支援コンソーシアム推進機構)の

先生をお招きして、本校生徒にジグソー学習の体験授業を

していただきました。

  国語「宮沢賢治を読む」飯窪真也先生 2-3対象

  理科「冷蔵庫の仕組み」齊藤萌木先生 3-4対象 

 

 また、白水 始・CoREF教授と小原 聡・日本産学フォーラム事務局長にも

おいでいただきました。

 

 知識構成型ジグソー学習法はアクティブ・ラーニングの一つです。

今回は、教員研修の機会として多くの教員が参観し、

ふだんとは違う生徒の活動の様子に驚いていました。

 

 ジグソー学習を今回の理科の例で言うと・・・。

最初に3人ずつの班に分かれて着席します。

先生が設定した問いに対して、最初は自分1人で考えて答えを書きます。

次に3人がA,B,Cのグループに分かれて実験をします(エキスパート活動)。

それから元の班に戻って、他の2人に実験でわかったことを

説明します(ジグソー活動)。

そして班で1つの答えにまとめて発表します(クロストーク)。

最後に再び1人で答えを考えて書きます。

 

 国語では宮沢賢治の3つの小説を班員それぞれが1つずつ読み、話し合って、

3つの作品に共通する特徴をとらえます。最後に再び1人で答えを導き出します。

ふだんおとなしい生徒が熱く語り、作品の構造分析に迫る生徒まで現れました。

宮沢賢治の他の作品にも同じ特徴があるのか、もっと読んでみたいと思ったようです。

 IMG_1847 IMG_1867  

       <飯窪真也先生>               <ジグソー活動>

 IMG_1872 IMG_1879

      <ジグソー活動>               <クロストーク>

 

 理科では、「断熱膨張・圧縮」「圧力の変化に伴う沸点の変化」「気化熱」の

3つの実験を組み合わせて、冷蔵庫がものを冷やす仕組みを説明するという

難しいテーマでしたが、ほとんどの班が納得のいく説明に到達していました。

最後に1人に戻って答えを書き、生徒はものを冷やす仕組みを根本的に

理解できたと感じたようです。

 

 IMG_6812 IMG_6827

       <気化熱の実験>         <減圧すると沸点が変わる実験>

 IMG_6832 IMG_6842

      <齊藤萌木先生>                <ジグソー活動>

 IMG_6853

        <クロストーク>

 

 生徒たちは楽しく充実した時間を過ごしたようです。

 

 (参考)CoREFのサイト
   http://coref.u-tokyo.ac.jp/

pagetop