HOME>News & Topics>第8回海陽鷗友プロジェクト(KOP8)
News & Topics お知らせ

2016.08.01

第8回海陽鷗友プロジェクト(KOP8)

7月23・24日の2日間に亘り、

今回で8回目を迎える東京の女子進学校鷗友学園との交流プロジェクトKOP8が、

初の本校における2日間開催で行われました。鷗友女子生徒の皆さんは引率された

女性教員と共に、同時開催された体験入学の女性保護者様と同じ群に宿泊頂きました。

 

両校内で選抜された4・5年生各々19名の生徒達は、予定のアイスブレーク、

即興プレゼンテーション、小交流会、テーマ別ディスカッション/プレゼンテーションという

メニューを、全て男女混成の5~8名のチームで行い、結果を競いました。

 

前回までのアイスブレークは、簡単なゲームや、寸劇、ショートムービーの作成でしたが、

今回は各々のチームにくじ引きで割り当てられた素材(ペットボトル、風船、ダンボール等)を

使ったアート作成という新しいジャンルにトライし、進化を感じさせました。

 IMG_2552 IMG_2564

 

今回のディスカッション/プレゼンテーションの大テーマとして、生徒達が選んだのは

発生後5年を迎えた「東日本大震災」でした。各々のチームが「被災地の産業復興」

「被災地の子供達への充分な教育の提供」「震災から考えるエネルギー問題」等の

テーマについて熱い議論と発表を行いました。

  IMG_2587 IMG_2597

 

毎回最初はぎこちなく挨拶を交わす両校生徒ですが、そこは同い年の高校生同士。

1日目の終りの小交流会までには相当程度打ち解け、同会では教室の到る所で笑い声が

弾けます。質実剛健な男子校においても、ジェンダーやダイバーシティの感覚を掴むことは

大切であり、本プロジェクトは毎度小規模ながら非常に良い体験の場を提供できているものと思います。

 IMG_2536 IMG_2590 

 

次回は多分冬の鷗友開催となると思いますが、この時期・内容の決定共両校の生徒達から

選ばれた数名の運営委員が行います。益々の規模・内容の進化を期待したいと思います。

 IMG_2600

 

国際センターHPにも関連記事を掲載しております。

 

pagetop