HOME>News & Topics>4・5年生 第8回企業訪問
News & Topics お知らせ

2016.08.25

4・5年生 第8回企業訪問

海陽学園では、フロアマスター派遣企業を中心に、日本を代表する企業にご協力頂き、

「企業訪問」を実施しています。企業での実際の仕事の様子を見たり、体験する機会を通じて、

生徒たちは自分の将来像をイメージし、それに基づいて卒業後の進路を考えることができます。

海陽学園ではこのような「キャリア教育」にも注力しています。

そして、8回目となる「企業訪問」が7月下旬に実施されました。4~5年生が対象で、生徒たちは

自分で興味のある企業を選び、事前学習を行った上で訪問します。

 

(トヨタ自動車㈱にて)

写真①

写真②

トヨタ自動車では、ウェアラブル端末を装着して最新メンテナンスシステムを体験したり、

試乗により最新技術(自動車庫入れ・同縦列駐車、先導車追尾、自動ブレーキ・車線ぶれ修正)を

体感しました。最新の技術に加え、トヨタ自動車の先進性・グローバル性を体感できた非常に

有意義な訪問となりました。

 

(東京海上日動火災保険㈱にて)

写真③

東京海上日動では、お客様からのお問い合わせの電話対応を行うカスタマーセンターの見学、

名古屋営業部でのリスクコンサルティング体験を実施いたしました。損害保険の知識のみでなく、

お客様視点での物事の考え方やプレゼンテーションスキルなど、社会人として必要なことを

学ぶことが出来た有意義な一日となりました。

 

(清水建設㈱にて)

写真④

清水建設では、技術研究本部にて免震技術を学び、また本社にて省エネシステムや

海洋未来都市プロジェクトの構想について学びました。また、実際に工事現場での見学を通じて

物造りの大変さ、やりがいを体感することが出来、有意義な研修となりました。

 

 

(東海旅客鉄道㈱にて)

 写真⑤

写真⑥

JR東海では、安全安定輸送を担うプロフェッショナルの育成を目的とした総合研修センターを見学しました。

各種訓練設備の見学や運転シミュレーターを体験した後、安全安定輸送の大切やリニア開業を見据えた

新たなサービスについてのディスカッションを行い、JR東海や鉄道への理解を深めました。日本を支え

牽引するリーダーとしての素養を育む、有意義な機会となった一日でした。

pagetop