HOME>News & Topics>ハウス紹介 【ハウスG】G-Talk、ロングエッセイ、日直
News & Topics お知らせ

2016.11.25

ハウス紹介 【ハウスG】G-Talk、ロングエッセイ、日直

ハウス毎の取り組みをご紹介する連載記事第8回は、ハウスG  をご紹介します。

 

こんにちは!

ハウスGフロアマスターの小川、渡邉、岡田です。

今回は、ハウスG独自の取り組みをいくつか紹介致します。

 

① G-Talk

 写真①

 こちらは、夜点呼時の様子です。

 2~5年生が2人1組となり、自らテーマを決めてプレゼンテーションをします。

 ハウスGの伝統だったスピーチをより有意義なものにするために、ハウス幹部を中心に

 考案した取り組みです。

 この日のテーマは『動物の不思議』でした。

 パワーポイントを駆使して、聴衆を惹きつける発表をしてくれました。

 発表後はフロアマスターから良かった点、よりよいプレゼンにするためのポイントを講評します。

 人前で話す力や、自身の考えを伝えるスキルを向上させる、非常に効果的な取り組みです!

 

② ロングエッセイ

 写真②

 こちらは、3年生が実施しているロングエッセイです。

 通常のエッセイよりも少し難しいテーマ(高校入試の小論文レベルが目安)について、

 800字程度のエッセイを1週間で書き上げます。より難解なテーマに、より多くの文字数で挑戦し、

 文章力を醸成したい!と3年生自ら考案した形式です。提出後はフロアマスターが文法・構成・

 内容の観点からコメントし、添削をします。はじめは用紙が真っ赤になるぐらいに添削をして

 いましたが、回数を重ねるごとに文章力が向上しており、効果を実感しています!

 

③ 日直(連絡事項伝達)

 写真③

 こちらは毎朝実施している、FMから生徒への「連絡事項伝達」の様子です。

 朝点呼の10分前の6:50に、各フロアの日直・食当が1Fホワイトボード前に集合、FMから本日の 

 連絡事項を伝達し、その後食当は食堂へ、日直は各フロアへ戻り7:00の点呼時に各フロアへ

 連絡事項を共有する、といったものです。連絡事項をしっかりと皆に伝えるのは日直の責任です。

 この取り組みによって日直は連絡事項を聞き漏らさないようにメモをとる力、人の話を

 しっかり聞く力の習得が期待できます。また、食当への効率的な連絡事項共有という面もあります。

 一日が始まるタイミングでの取り組みですので、生徒もFMも緊張感をもって毎日取り組んでいます。

 

 

このように、ハウスGでは生徒の自主性を重んじ、生徒は自ら考えた取り組みを、責任感をもって実行しています。

我々フロアマスターは彼らをサポートし、生徒の成長に寄与できるよう努めています。

pagetop