HOME>News & Topics>時事調査発表会
News & Topics お知らせ

2016.11.28

時事調査発表会

11月初旬より、毎年恒例の時事調査発表会が行われました。

時事調査発表会は、前期生(中学生)を中心に、決められたテーマについて生徒たちが自分たちで

調べて発表し、その内容をハウス対抗で競い合う企画です。

 

【1年生】

 1年生のテーマは「リニア中央新幹線の開通によって日本に何が起きるか」で、

 模造紙上での壁新聞発表です。

 写真①  

 写真②

 

 各ハウスとも限られた時間の中でしっかりと調べ上げ、模造紙の随所に工夫が見られました。

 また、リニアが本当に必要なのかというところまで、振り返った新聞も見られました。

 結果は、ハウスGが優勝しました。

 

【2年生】

 2年生は、

 テーマ①「人工知能を、今後どのような分野でどう活用させることができるか」

 テーマ②「首都機能を一部移転するとしたら、どこに何を移転させるか」

 2つに分けて発表を行いました。

 写真③

 

 首都機能を意外な移転先など、大人の常識にとらわれない発想が印象的でした。

 結果は、テーマ①はハウスJが、テーマ②はハウスDが優勝しました。

 

【3年生】

 3年生は、

 テーマ①「現時点での、救急車有料化の必要性の有無」、

 テーマ②「イギリスはこのままEU離脱交渉を進める必要があるか否か」、

 テーマ③「定年を70歳に引き上げることの是非」、

 テーマ④「地球温暖化対策としての炭素税引き上げの是非」、

 テーマ⑤「裁判員制度継続の是非」

 の5つのテーマに分けてディベート対決を行いました。

 写真④

 

 結果は、テーマ⑤賛成派のハウスJが、2年生の部と合わせて二つ目の優勝でした。

 

本年度より生徒主体の企画となったことから、これまでとは違った運営の難しさがあったと思いますが、生徒たちは誠実に一つ一つの課題に取り組むことが出来ました

今後は、会場の生徒全員を巻き込み、皆が「聞きたい」と思えるような時事調査発表会の構築に努めてくれることを期待しています。

以上

pagetop