HOME>News & Topics>ハウス紹介 【ハウスJ】興味を追究し互いに切磋琢磨!
News & Topics お知らせ

2016.11.30

ハウス紹介 【ハウスJ】興味を追究し互いに切磋琢磨!

ハウス毎の取り組みをご紹介する連載記事第10回は、ハウスJ をご紹介します。

 

ハウスJでは、「科学の甲子園」や中学生の数学能力を競う「広中杯」など学外の

大会に挑戦し、自身の能力を高め、競い合っている生徒が多く在籍しています。

学外の大会に参加した生徒が、その挑戦の過程で得た知識や経験をハウスに

還元してくれます。それにより、同級生とは互いに刺激しあう関係が生まれ、後輩は

先輩の姿を見て「自分も!」と志を持つことで高めあう関係が醸成されていきます。

下の写真は数学オリンピックに参加した高校2年生が数学の知識を同級生・後輩に

伝えている様子です。

 写真①数学学習会

 

また、海陽学園では授業が月曜日から土曜日まである分、長期休暇は余裕を持った

日程で、興味がある分野にじっくり取り組むことができます。下は、ハウスの

高校2年生が中学1・2年生に向けて夏休み中の過ごし方を紹介した際の写真です。

この生徒は、化学オリンピックの代表合宿に参加したり、地層の見学に行ったり、旅行を

したりと、自分が興味のあることに全てチャレンジすると、何も予定が無い日が3日しか

なくなるとのことでした(!)このような先輩の姿勢に刺激を受けて、後輩も大きく

成長していきます。

 写真②坂部先輩の夏休み

 

最後に、海陽学園で盛んに行われている「クイズ大会」について紹介します。

この写真はハウス内での生徒同士のコミュニケーションのためのレクリエーションですが、

他にも同好会活動として「高校生クイズ大会」で出されるような難しい問題を学び、学年を

超えて競い合う生徒も大勢います。一問一問に一喜一憂する姿は、スポーツに負けず劣らず

迫力があります。

 写真③クイズ大会

pagetop