HOME>News & Topics>英国イートン校のGap Year生が滞在
News & Topics お知らせ

2014.09.01

英国イートン校のGap Year生が滞在

 

英国イートン校からAndrew Hayley君が、卒業から大学入学までの

いわゆるGap Yearを利用して、9月1日(月)から1か月間本校に滞在します。

帰国後は、Oxford大学に進学し、PPE(哲学、政治学、経済学)専攻の予定です。

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滞在中は、ハウスで生徒と起居をともにし、ハウス行事、授業、部活動などに

参加して見聞を広めたり、生徒との交流を深めてもらいます。

また、クラスでは英語の授業のサポート、ハウスでは英語での

プレゼンテーションやディスカッションなどを積極的に行います。

 

生徒にとってはグローバル・マインドを醸成する大変良い機会になると思います。

 

pagetop