HOME>News & Topics>海陽祭リレー記事 ハウスG 
News & Topics お知らせ

2015.09.14

海陽祭リレー記事 ハウスG 

海陽祭まで残り5日となりました。

 

演劇のリハーサルも佳境を迎え、大道具の製作もラストスパート。

寸暇を惜しんで準備に励んでいます。

海陽祭実行委員会の生徒たちがこまめに更新している「海陽祭ブログ」も、ぜひともご覧ください。

 

第6回目は、「ハウスG」をお伝えします。歴史上の人物にスポットを当て、演劇で表現します。

 

◆演劇のテーマは?

テーマは台湾の荒野を穀倉地帯に変えた日本人です。

 

◆そのテーマを選んだ理由は?

G棟の劇は今まで社会問題など観客の方々にも考えさせる内容のものでした。

この伝統を意識しつつ、今年は是非多くの人に知って欲しい我々が誇るべき

日本人を紹介したいと思い、このテーマにしました。

 

◆演劇で一番こだわっている点と見所は?

 舞台 練習

道具と役者の演技の調和による場面の臨場感です。

八田技師の苦悩と、その他の登場人物の気持ちの変化を是非見てください。

 

◆演劇の準備と練習に当たって、最も苦労している事は?

大道具

G棟として前期生のみで演劇をやったことがなく、初めてのことばかりで大変です。

また、物語全体を伝えたいので、観客の方々に飽きずに

最後まで見てもらえるように工夫するのも苦労しています。

 

◆演劇以外に取り組んでいる企画や出し物は?

G棟として今年もドミノを1日目に行います。3階のスタディーホールを存分に使った

スケールの大きなドミノになると思います。

 

◆最後に、海陽祭を見に来てくれる方にメッセージをどうぞ!

海陽祭の劇は、今年から全ハウス共通で

前期生が主体となって行うことになりました。

まだまだ経験はありませんが、観客の方々に

楽しんでいただける劇を目指し、全力を尽くしますので

本番も最後までお楽しみください!

 

次回は「ハウスI」をご紹介します。お楽しみに!

pagetop