HOME>受験をお考えの方へ>奨学育英制度

奨学育英制度

海陽中等教育学校では、保護者の経済的負担の軽減、並びに学業の奨励を図り、将来の有為の人材育成のため、学納金を減免する奨学育英制度を設け、多くの生徒に適用しています。

特待生制度

  1. 資格

    本校に在籍する生徒で、特に、学力・人物が優れている者。

  2. 減免方法・減免額

    学納金より減免額を減じます。減免額は原則として返納の必要はありません。

    A.学納金(授業料および施設維持・充実費、寮費)のうち、年間100万円

    B.学納金(授業料および施設維持・充実費、寮費)のうち、年間50万円

  3. 資格の認定

    入学時の成績をもって、入学年度の特待生および減免額を決定します。

    なお、毎年度末の成績をもって、あらためて次年度の特待生と減免額を決定します。

  4. 減免期間・資格喪失

    減免期間は認定されたときから1年間です。

    ただし、以下の項目に該当する場合には減免取り止め、あるいは減免額の見直しを行います。

     ・修業の見込みがなくなったとき
     ・学業成績または性行が不良となったとき
     ・退学または転校したとき
     ・その他、特に必要と認める場合

  5. 申込手続・選考方法及び選考結果通知

    申込は必要ありません。入学試験の結果に基づき選考します。

    選考結果(減免額を含む)は合格発表時に入試ウェブサイトの個人ページでお知らせします。

奨学生制度

  1. 奨学生資格

    本校に在籍する生徒で、学力・人物が優れ、入学後に家庭の経済事情の変化により負担軽減が必要となった者。

  2. 減免方法

    学納金より減免額を減じます。減免額は原則として返納の必要はありません。
    A.学納金(授業料および施設維持・充実費、寮費)のうち、年間100万円
    B.学納金(授業料および施設維持・充実費、寮費)のうち、年間50万円

  3. 減免期間

    減免期間は、原則として認定されたときから卒業時までです。
    ただし、以下の項目に該当する場合には減免取り止め、停止あるいは減免額の見直しを行います。
     ・修業の見込みがなくなったとき
     ・学業成績または性行が不良となったとき
     ・退学または転校したとき
     ・家庭の経済事情が改善した場合
     ・その他、特に必要と認める場合

  4. 申込

    原則として、入学時には認定を行いません。
    入学後にご家庭の経済事情に変化があった場合はご相談ください。
    なお、申込時、また認定後毎年、必要書類(源泉徴収票など)を提出していただきます。

兄弟割引

  1. 資格

    在校生の兄弟が本校に入学した場合、兄弟のうち2人目以降の学納金を50万円減免します(兄弟の一方が特別給費生である等の場合を除く)。
    減免額は返納の必要はありません。

  2. 減免期間・資格喪失

    卒業等により兄弟の本校在籍者が1名となった等の場合に減免を終了します。
    学業成績または性行が著しく不良となった場合には、減免取り止めの措置を含めて減免額を見直すことがあります。

  3. 申込

    兄弟割引の適用を希望される方は、入学試験出願時にウェブサイトからお申し込みください。
    結果は合格発表時に入試ウェブサイトの個人ページでお知らせします。

pagetop